借金は返済すれば返済するほど信用を得ることが出来る

お金が必要でキャッシングやカードローンの審査に通してもなかなか希望額の審査には最初から通らないものです。

例えばそれが不動産担保のローンでしたら担保という保証があるので希望額の審査に通る可能性もありますが、
無担保、無保証人のフリーローンにおいては借入当初から限度額いっぱいの融資や限度額に近い融資を受けることが出来るのは極めて稀と言えるでしょう。

お金を借りたい即日と思っても大体の人が最初は100万程度のお金を借りるのが限度だと思います。

なので良くキャッシングなどで下限金利と上限金利が表示されていますが、限度額の際に適用される下限金利はまず適用されず上限金利が適用されると思った方が良いでしょう。

下限金利でそのキャッシングサービスが低金利だと思い込むのは止めましょうね。

では一体どうすれば限度額一杯まで借りることが出来るのでしょうか。

それは返済の履歴を積み重ねることに尽きます。

借金、ローンは返済を重ねれば重ねるほど信用を貸してから得ることが出来ます。

そしてある一定の期間返済を誠実にし続けたら限度額アップのお知らせと低金利化のお知らせが来ます。

なのでその時点で初めて下限金利が生きてくるんですね。

まぁでも普通に頭で考えればそんなところで悩むこともありません。

なぜならまだ信頼関係をしっかりと構築していない人に対して低金利でお金を貸しつけることがどれだけリスクが高いのかは馬鹿でも分かることだと思うからです。

とにかく借金、ローンというのは最初は限度額を借りることは出来ない可能性が高いです。

でも返済を継続して信頼関係を築けば限度額は徐々にアップしていきます。

ただ限度額がアップしたころには借金漬けになっているという矛盾が生じている場合が多いのですが。

信用情報には最大限の注意をすべし

信用情報とは何か分かりますでしょうか?
お金を借りる上で最も重要な情報となるものです。

お金を借りるだけでなく、
車のローンや住宅ローンを組む際などにも重要になってくるものです。

この信用情報とは、ローンやキャッシングをした場合にしっかりと返済期限までに返済をしているかというものになります。また、どれくらいの金額を借りているのか、いくらのローンがあるかなどそういう情報も信用情報に含まれます。

そして、この信用情報というのはとてもデリケートな側面も持っています。
もしもクレジットカードなどの支払い期限が遅れた場合、
この信用情報に傷が付くことになります。

「信用情報に傷か付く」…とどういうことになるかというと、
今後大きなローンが組めなくなったり、クレジットカードを契約出来なくなったり、あらゆる金融審査の過程でハンディを背負うことになってしまいます。

また、一度でも返済期限が遅れてしまうと、その遅れたという事実が無くなるまでに数年を要する場合があるので最大限の注意をする必要があります。

返済期限は遅れたとしても、後で支払えば大丈夫という安易な考えではなく、しっかりと返済期日を守るようにしましょう。返済期日を過ぎることで利息分を支払えば大丈夫という単純な問題ではないということです。

年齢が若いうちはまだいいですが、年齢を重ねていくとローンを組む機会も増えていきます。つまり、この信用情報がとても大切なものになってきますので、そのことをよく心得るようにして下さい。

ブラックリストという言葉を聞いたことがあると思いますが、本来ブラックリストというものはありません。言ってみればこれは、信用情報に大きな傷が付いていることになります。この場合の信用情報を回復するには5年を必要とするとも言われていますので、信用情報を大切にするようにして下さい。

お金を借りたいなら支払いにルーズになるな

お金を借りたいと思っても借入審査をする際に審査に通らなければ意味がありません。

ふだんは借金なんて無縁だと考えていても突如、借金が必要な状態に追い込まれることもあるということをまずは知っておいてください。

そんな時、お金を借りなければ首が回らないという状態になって初めて借り入れについて神経を使うようになっても遅いんです。まぁ普段から携帯電話の支払い、公共料金の支払い、家賃の支払い、クレジットカードの支払を遅滞したことが無い方は問題ないかもしれませんが、信用情報について無知であるがゆえについついルーズになりこれらの支払いを遅れてしまうと、信用情報に傷がつきお金を借りることが出来なくなってしまいます。

なので普段からあらゆる支払の期限を守るようにしましょう。支払いにルーズになるなんて論外です。まだ日本は緩いですがこれがアメリカだったら支払いがルーズだと全ての生活に支障を来してしまうくらいのペナルティを受けてしまいます。

とにかく基本的には安定した収入があればアルバイトでもパートでも主婦でもお金を借りることが出来るんですから、信用情報で引っかかるのは非常に勿体ないですよ。

でも当然ですよね。ルーズな人にあなたはお金を貸しますか?ルーズな人を信頼出来ますか?ルーズな人と仕事が出来ますか?

出来ませんよね。それと同じです。支払いにルーズな人は金融機関から見たら信頼のおけない要注意な人物なのです。なのでくれぐらも支払いにルーズにならないように日頃から注意して生活しましょう。

闇金問題の解決方法

一昔前とは違い今では店舗を持たずに運営している闇金業者が数多くいます。

それは携帯電話が普及したあたりから少しずつ拡大し、言ってみれば携帯電話とお金さえあれば闇金は誰でも出来る商売と言っても良いと思います。

しかし、そう甘くないのが闇金です。

お金を貸すことは小学生でも出来ると思いますが、問題はその回収です。

闇金を利用する人のほとんどは一般の消費者金融から借りることの出来ない人です。そういう人にお金を貸すということがどれだけリスクのあることかお分かりでしょうか?

例えば、あなたの友人によくお金を借りてくる人がいたとします。その人が他の友達に借金がある中であなたにお金を貸して欲しいと言ってきたらあなたはどうしますか?

あくまで友人関係ですから、高利で貸す訳にもいきませんので、きっと他の友達のお金を返してからなら大丈夫などと言うと思います。もしくはお金は絶対に貸さないという人もいるでしょう。

しかし、闇金と闇金債務者の関係は友人関係ではありません。
そこには信頼関係など全くありませんので、それが全て金利となって乗ってくる訳です。

…なるほど。
だったら闇金は高利なのは仕方ないなとは思わないで下さい。

そもそも闇金のような高利でお金を貸すことは違法であって、仮に借りた場合でも法的には返済する必要はないものです。

しかし、最初にも言ったようにお金を回収することに長けているのが闇金です。

返済しないからと言ってすんなりと分かりましたと言うはずがありません。

ではどうすれば良いのか?

闇金問題に特化した法的機関にご相談下さい。
法的機関とは法律事務所や法務事務所のことです。

具体的には闇金相談センターに問い合わせれば分かります。

ここに相談することで法律を武器に闇金問題を解決出来ると思います。

返済計画をしっかりとたててお金を借りる

お金を借りたいという方はお金を借りれば良いと思います。
夢を実現させるのにお金が必要。生活費が足りないのでお金が必要。

お金を借りる際の事情はそれぞれですが、お金を借りればスムーズに生活が回っていくのにお金を借りずになんとかやりくりしようというのには無理があります。

なので借金することに対する抵抗感はなくしたほうが良いと思います。

とはいえ無計画な借金は多重債務への道を突き進むことになります。
返済計画をしっかりと立てておき常日頃から収入と支出をしっかりと付けておけば借金地獄に陥るなんてほぼ考えられないと思います。

もちろん不測の事態を考えたらきりがないですが、多重債務者のほとんどが無計画に借金をすることが原因です。なので計画性を持って借り入れをするとよいでしょう。

毎月のランニングコストを明確にし、コストカットできる部分はコストカットする。
そういった最低限のことをすればいいだけです。

でも世の中ではそんな簡単で最小限の事を実行していない人が多いんです。
一日5分の時間を割いてお金を管理するか5分の手間を惜しむのか。

たったそれだけで大きな違いが出てきます。

お金が足りないのなら借金すれば良いだけの話ですが、お金を借りるのなら計画的に借りることは最低限のルールとして自分に課したほうが良いと思います。

お金を借りて育毛対策するのも良し

お金を借りる際に、浪費ではなくしっかりと目的を持ってすることが重要だと思います。先日、昔からの友人にあったのですが女性用の育毛剤を購入するために借り入れをすると言っていました。
お金を借りて育毛対策するのも全然アリだと思います。

その借金には目的がしっかりとあるのですから。
むやみにする借金と目的があるお金の借り入れは全然違います。

悩んでいることを解消するために借金をすることや資格を取るために借金をすることは
とても良いことだと思います。

だれでも借金することに対して少なからず抵抗感を感じるものです。
でもそんな抵抗感を振り切るほどの高い目的があるのならそれは是非ともすべきでしょう。

お金が無いからできなかったという言葉はあまり好きじゃありません。試してみたが成功しなかったという言葉ならしっくりと来るんですけどね。

なんでもやる前から諦めたり、決めつけたりそういうことが嫌いなんです。
失敗したり、身にならなくてもまずは実践してみる。

その思考が長い人生を歩む中でかなり重要なことだと私は思っています。
お金を借りることに対して変な拒絶感を持つ必要はありません。

成功するためにはお金を借りなきゃいけない時なんていくらでもあるのです。
それは企業を見ていればわかることでしょう。

企業はお金を借りることでインフラを整備しより多くの利益を上げるものなのですから。
もちろん借金が無い企業もありますけどね。

お金がすぐに必要なら大手の消費者金融がおすすめ

お金が必要だって時ありますよね。
色々出費があるのに輪をかけて出費せざるを得ない環境になる。
よくあることです。今すぐにお金を借りないと今月かなり厳しくなる。

そういった方は審査時間が短い大手の消費者金融のカードローンを利用することがおすすめです。
何故大手なのか。これは大手じゃないと中には悪徳業者もあるからです。

しっかりとした業者だと思ってふたを開けてみたらとんでもない業者だったということは絶対にあってはなりません。なおよりよいのが銀行の傘下に入っている消費者金融をチョイスすることですね。

銀行から借りれれば一番良いのですが、それが無理でも消費者金融なら十分に審査に通る可能性があります。もちろん金融情報が悪い人はどこからも借りれませんよ。

そこそこの給料と信用情報が悪くなければ消費者金融から即日融資を受けることは十分い可能です。
お金がすぐに必要というニーズに見事にこたえてくれるのが今の消費者金融です。

また昔と違ってグレーゾーン金利もなくなりましたし、金利の面でもそこまで大きな負担にならないはずです。ちなみに今は非常に便利な時代でWEB上で全ての手続きを完了できる消費者金融もあります。

せっかく便利な時代でお金を借りるリスクも低くなっているのでそれを利用しないのはもったいないですね。
もちろん浪費のために借金するのはダメですよ。しっかりと必要性がある時に計画的にカードローンを利用しましょう。

お金を借りるためには

お金を借りたいと思った時にすぐ借りれない状況の方がいます。
今までお金を借りすぎていて借りれないならまだ話はわかるのですが、どうしようもない理由でお金を借りることが出来ない人がいるのもまた事実です。

お金を借りたいときにすぐ借りれるように最低限の注意だけは払いたいものです。
例えばクレジットカードなどの支払いなどです。

クレジットカードの支払いが一日程度遅れるぐらいじゃまだ大丈夫ですが、
一か月とか支払いが遅れると一気に信用情報はガタ落ちです。

なので細心の注意を払った方が良いでしょう。
海外に長期で旅行で行ったのでついつい忘れてしまった。

たまたまた口座にお金が無く更にカード会社に住所変更の届け出などをしていなかったために支払いに遅れが出ていることに気付かなかったなどといった場合には本当に最悪です。

悪意はないのにブラックリストの仲間入りになってしまう可能性もありますので。
なのでお金をスムーズに借りるためにもクレジットカードの支払いとローンの支払いだけは絶対に遅れてはいけません。

ここをしっかりと押さえておくだけで大分状況は異なってくるので神経質なくらい気を付けましょう。